スポンサードリンク

Home >> シグナスX 電装系 >> シグナスX 点火系
Page: 1/8 >>

シグナスX 点火系

私のシグナスくんは見えないところで点火チューンしてあります。

この写真見ておわかりになるでしょうか?
本来あるべきものがありません。


私はこのNCY製のダイレクトイグニッションコイルを取り付けております。

 

 

 

 

このパーツの良いところはたった一つ。
点火系をチューンしようとすると多くの場合スパークプラグコネクタを交換したり、
プラグコードの交換となるだろう。
それはどっちみち点火コイルからプラグへの間に余計なものが介入するってことだ。
ダイレクトイグニッションの良さはコイルで発生した電気を“直接”プラグに届けること。
そもそもプラグコードの交換は“抵抗値”をできるだけ下げるということ。
ダイレクトということはコードの抵抗値は無視できる。(乱暴に言えばだが)

 


こちらの写真は新車購入時しばらく使っていたノーマルプラグとデンソー製イリジウムプラグ。

この「IU22」という型番のを使っていた。
給排気系をいじっているとどうしても焼け気味になる。
ましてや、サブコンを取り付けているので番数がノーマル相当だとちょっときつい。
コンピューターで燃調制御しているとはいえ…ね。


そういう訳で…熱価を一つ上げるということでNGK製に戻った。
元々はNGKを中心にスプリットファイアなど色々なプラグを試していたが
やはり、定番のNGKが調整しやすい感じだと思う。
純正から交換するなら

ノーマル状態から交換するなら型番が「CR7EIX」だが私のシグナスには熱価を上げて「CR8EIX」を使っている。
それから300キロ走ってみたが、非常によく回るようになった。
恐らく点火系が良くなり、火花の飛びが良くなったからであろう。

デンソー製もイリジウムだがメーター読みでタコメーターが9000回転に届くかどうかという感じが
現在は9000オーバー。
もう少しで9500になるかというところまで一気に上がってくれる。
イリジウムプラグは長持ちだと言われてはいるが、明らかに大きく弱ってきたなと思ったら
思い切ってプラグ交換してしまったほうが良い。
参考になれば幸いです。

sygnus-king | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:シグナスX 電装系
Home >> ケミカル >> さり気なくメンテをサボる(笑)

さり気なくメンテをサボる(笑)

皆さん、メンテナンスって大事ですがたまにめんどくさいって思いません?
それを言ってしまうと「バイク愛が足らん!!!」と怒られてしまうんですが…

メンテナンスをサボりまくってておかしくなってからメンテナンス!!!という意味ではありません(汗)

例えば…換気扇…毎日洗うものでもないし、かと言って年末の大掃除などではとんでもなく頑固に…
そういう意味では汚れにくくしておきつつ年何回かの掃除でキレイをキープしてるほうが楽という意味です。

バイクも同じで、徹底的にキレイにした後は気持ちよく走るんですが…
その徹底的って毎回できないってありません?

なので、私はたまにガソリン満タンついでに燃料に混ぜる洗浄剤

コンプリートフュエルシステムクリーナー
こういったものをたま〜に入れます。
STP社のものだと赤ボトルかちょっとおごってやろという時はオレンジ透明ボトル。
値段などで安いときがあればカストロールやワコーズにする時も。
毎回入れる人もいるようなんですが、私は何回かの給油に1回みたいな感じでしょうか。
普段からこういうたまにでいいからやっていると重メンテの時にあまりめんどくさくならないというか…
もちろん汚れるのは汚れますよ。
気持ち落としやすくなる感じですかねー。

母の軽ワゴンやかつての私の愛車だったスープラ(A70)もこういうのを知ってからやるように…
そうすると心なしかキビキビに。
それからはもう何にでも入れますな(笑)

面白かったのはスープラの車検…なにぶん古いので排気ガスが…という不安があったんだけど、
車検前の給油でちょっと濃い目にぶちこんでぶん回してからお願いすると…数値が下がってたらしい(笑)
意外と効くんだねぇ…保険のつもりでたまにやっても良いかもしれない(笑)

更に、エンジンオイルに添加剤というのも試しましたね。
ミッションオイルだったかな?そっちの時は面白いようにギアがスコスコ入るように…。
エンジンオイルの方はあまり良くわかりませんが、回り方はタコメーターを見る限り少々は変わってる。(良い方に)

この手のは色々出てはいるんですが、間違いなく面白かったのはこちら。

SUPER ZOIL スーパー ゾイル 4サイクル 450ml【送料無料】【消費税込み】
スーパーゾイルというやつです。
まめにオイル交換するのが大事とはいえ、もうちょっとやれ具合の進みを遅らせたいと、
これを知ってから入れ始めてみました。
色んな機械触ってると感じるのはグリスアップやら何やらとにかく油が必要。
ただ、熱くなると油膜が切れたりする場合もある。
かといって粘りが強いとそれ自体が抵抗になる。
たかが油、されど油…結構難しいんですよねぇ。

あと、「添加剤とかそんなええもんやったらメーカーが出してるやろ」っていう人いますけど


 


この通りBMWも出してますわね(笑)

大事なのは入れて終わりではなくまめにメンテですね♪
それでは楽しいバイクライフを♪

sygnus-king | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:ケミカル
Home >> シグナスX 足回り >> シグナス用タイヤ覚書

シグナス用タイヤ覚書

シグナスのノーマルタイヤは
フロントが110/70-12
リアが120/70-12になってます。

記憶が間違っていなければグランドアクシスも同じサイズ。

私は、タイヤは昔っからハイグリップなものを選択しております。
NSR250SP時代ではBATTLAX(ブリジストン)かRYDEEN(ダンロップ)のどちらかでした。

NSR50でのミニバイクレース時代ではダンロップのTT90系統ばかり履いていました。

グランドアクシスで確かTT91、TT92だったと思います。
LiveDio-ZXも同じでしたね。

なので、シグナスにも同じくTT93を入れております。
しかも、グランドアクシスの時から幅を太めの
フロント120/70-12、
リア130/70-12
それぞれ履かせております。

たいてい、サイズが大きくなるため入るかどうかといつも言われます。
ですが、断言します!!!フロントは余裕!!!
リアは結構ギリギリですが問題ありません!!!


TT93GP 120/70-12 51L(前後共通)TL DUNLOP(ダンロップ)
これをフロントに。

DUNLOP TT93GP 130/70-12 62L TL ダンロップ・TT93GP・リア用(ミニバイク用ハイグリップタイヤ)商品コード:305387
これをリアに。

TT90時代などは雨降ると滑る滑る…。(汗)
でもTT93になるとだいぶ進化して注意は必要だけども滑りにくくなりました♪
ハイグリップタイヤを履かせると雨の日は走れない(怖くて)というのはNSR250SP時代に結構味わいましたが
少なくとも今のTT93になってからはそこまで怖い感じはありません。
(技術の進化って素晴らしい♪)

ただ、注意は必要です。
「シグナスX タイヤ」で探すとスクートマックスとかマキシス(グラアクやシグナスの純正タイヤ)で
なおかつフロント110/70-12、リヤ120/70-12しか出てきません。
店で探しても場所によっては「保証できないので取り付けできません」と言われたりします。
また、TT93自体の数が少なくなってしまい、実店舗だとたまに売ってなかったりとか(汗)
なので、確実に買えるような店や、持ち込みでも取り付けてくれるようなお店を見つけておくのをオススメします。

楽天とかだと割と安く手に入るしね。
とはいえ、売ってない店もあるのでこれも要注意。
特に130/70-12が手に入りにくい印象。

以上、覚書でした。

sygnus-king | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:シグナスX 足回り

【シグナスX 3型国内仕様】

バイク用品ショップ






楽天へGo!!!

Profile

Search

Entry

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode